2019年08月13日

海水浴で溺れた時に助かる方法

海でおぼれた時に助かる方法は、横に泳ぐこと、なんだそうです。

海水浴で溺れる原因のひとつに、離岸流があります。その離岸流に流されると、オリンピックの競泳選手でも対抗できないのだとか。なので、一般人が岸に向かって泳いでいても、岸から離されるのは致し方ないこと。

では、離岸流に流されたときはどうすればよいのか。

それは、岸に向かって横に泳ぐこと。

海には、離岸流だけでなく、岸に向かって流れる流れ、向岸流というものがあるそうです。海には、離岸流と向岸流の2つがあり、それらが岸に向かってグルグルと回っている、と言ったらわかるでしょうか。

なので、離岸流の横には向岸流があるので、横に泳げば、向岸流に乗ることができ、楽に岸に戻れる、というわけですね。

なので、海水浴で離岸流に流された、とおもったら、横に泳ぐと助かる、というわけです。



保険のGoodLife
posted by コーカ at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。